ネット通販に求められるものは何でしょうか?

ネット通販において一番大切なのは、発送までのスピードだと思っています。
少しくらい安くても、発送が遅いところには頼もうと思いません。正に「欲しい時が買い時」だからです。

ネット通販専門のお店は実店舗を構えないので、その分経費を抑えられます。
なので実店舗と比べて安いのは当たり前なんですが、そのお店自体で在庫を持って販売しているのか、注文があってから業者に発注するのかで発送のスピードが全く変わります。
前者の場合は午前中に注文をすれば即発送、といったお店も多くありますが、後者だと早くても2、3日待たされるところが多いと思います。
こういったお店は在庫を持たない分、経営的なリスクは少ないんでしょうけど、肝心の発送が遅くてはそこに頼もうと思う人が少なくなってしまう気がします。

注文する側からすると、やはり発送が早いのが一番です。
少しでも安ければ発送は待ってもいい、という人もいるかも知れませんが、私は発送の早さの方をとります。

長財布のメリットを紹介したいと思います。

皆さんはどんなお財布を愛用されていますか?
お財布には折りたたみ、長財布、がま口などたくさん種類がありますね。

その中で長財布は折りたたみタイプのお財布に比べるとその使いやすさが大きなメリットでしょう。
でもそのことに気づかずに折りたたみタイプの財布を使い続けている人が意外と多いようで驚きます。
特に男性は長財布に少し抵抗があるようですね。
やはり鞄が必要でかさばるイメージが強いのでしょうか。

折りたたみタイプは確かにコンパクトでバッグのなかでも場所を取らないので便利な面もありますが、実際には長財布の方がはるかにすっきりしたシェイプをしているのでかさばるという点からみれば、折りたたみタイプよりは厚みが出ないことが多いです。

長財布といえば、かっちりとした硬いイメージがあるようですが最近ではソフトな革を使用したタイプもあるので軽いですし持ち運びにも便利なのでおすすめです。
さらに長財布は収納もとても多いのでレシートも分けて収納できたり銀行カードやクレジットカードがしっかり収納できるので一目瞭然で確認できるのが良いです。

長財布は、一度使ってみるとその便利さに、もう折りたたみタイプには戻ることができないと言われています。
それぐらい万能なお財布なのだということだと思います。

いつもと違う韓国海苔の味にガッカリ

親戚のおばさんから韓国海苔のおみやげを貰いました。
韓国海苔は、塩とゴマ油で味付けされている海苔のことです。
味がついているので、白いご飯のお供にピッタリなのです。
その韓国海苔の美味しさを知っていたので、食べる前からとても楽しみにしていました。

しかし、今回おみやげとして貰った韓国海苔は、いつもの韓国海苔の味ではなかったのです。
塩味というよりは甘い味がして、以前食べた韓国海苔の味とは全然違いました。
どうやら韓国海苔にも、色々な味付けがあるようです。
甘い系のおかずが苦手な方なので、ちょっと白いご飯には合わないということで、すぐに食べるのをやめてしまいました。
今まで食べたことのある韓国海苔の味だと思っていただけに、残念でした。
結局、まだ6セット程韓国海苔が残ったままになってしまったので、すべて実家へあげてしまいました。

味はさておき、韓国海苔を開ける時の開けにくさもとても気になりました。
海苔が隅までしっかりと入ってしまっているので、開けるとどうしても海苔も破れてしまうのです。
そう思うと、日本の商品は開けやすく、消費者目線で作られた商品がほとんどなのに気づかされます。
開けやすく、使いやすく、食べやすいといった三拍子が揃っているのです。
普段からこの便利さに慣れてしまってそれが普通だと思ってしまいがちですが、ふと海外の開けにくさを体験すると、日本の商品の素晴らしさに改めて気づかされます。

なかなかほしいものが見つかりません。

財布が結構古くなって来たので変えたいなと思うのですが、なかなか気にいる物と出会えません。
私の財布は父からもらった財布なのですが、良い財布をもらったのでとても使いやすく長年愛用してきました。

確か社会人になってすぐのころ、久方ぶりに実家に帰った時です。
両親と外食したお会計のときに、奢ってもらうことを期待しながらも私は財布を出した記憶があります。
その時「お前、なんだその財布は」父に言われ、自分の財布を改めて見た。
大学時代に買った、二つ折りの財布であった。角は削れ、革は所々破れていた。
「ぼろくなってきたな」と私は言い、曖昧にごまかした。
当時は塾で働いていた私は、スーツには気を使っていたが、財布にはあまりお金をかけることはしなかったのです。

特に思い入れのない、古びた財布を惰性で使っていたのです。
それから二日後、休暇を終え、実家を出ようとしたときのことでした。
父が「ほらよ」と言い、私に小包を渡しました。
「おう、ありがとう」と照れながらも私は返事をして、別れました。
すぐにでも開けたかい衝動にかられながらも、なんとか我慢し、部屋に帰ると、途端に私は小包を開けました。

黒い革製の長財布でした。
革の手触り、香りがすばらしく、高かったろうな、と思いました。
父からもらった長財布は、約10年のベテラン選手の域に達していますね。
去年、実家に帰ると「お前、財布変えろよ」と抑揚なく父に言われました。

そう言われると10年ほど愛用していた財布もそろそろ交代か?なんて思っているのですが、気にいる物もなく父からもらった財布を使っています。
同じものを使おうかと思いメーカーに問い合わせもしたのですが、同じデザインの物はもう製造されていないそうです。
お店の財布も見せてもらいましたがしっくり来ず・・・。
みなさん、いい財布があれば是非教えてください。

今、かなり・・・ハマってます

今、Qoo10というネット通販サイトにものすごくハマっています。
というのも、このサイトはポイントやクーポンがすごく貯まりやすくて、かなりの値引きが期待できるんですよね。
それまでも色んなネット通販サイトを利用してきましたが、Qoo10は正直別格とも言っていいほど。

ただ、価格の変動がものすごいので、安い時に買わないと損してしまうと言うか、暇な人(こまめに値段チェックできる、時間に余裕のある人)でないと安いタイミングで買えないかもしれません。
一度にいくつかのお店で買い物して、ひとつまとめにして払えるところも新しいし、3000円以上の買い物で、コンビニ払いの手数料もかかりません。

海外のお店も多いので、届くのに少し時間がかかるのは難点ですが・・・。
待っている間の時間も楽しいと思えるほど、私はこのサイトにハマってしまっているようです。
イベントとかもかなりの頻度で開催されていて、毎日チェックするのが楽しいです。
しばらくは私の中のQoo10熱、おさまりそうにありません。